看護師 円満退職

看護師を円満退職する方法

お仕事を転職するにあたって、円満な退職方法を紹介したいと思います。

 

気をつけたいのが、現在働いている職場から円満に退職することです。

 

退職を希望する日の一ヶ月前には、上司に退職する旨を伝えましょう。

 

その後、後任の方への引継ぎもしっかりと行うことが大切です。

 

引継ぎ事項は書面にまとめて後任者に渡すと、後任の方も貴方がいなくなっても、それを見れば業務を遂行できるので安心です。

 

退職が決まると現在の職場で働くことに対して、意欲が落ちてしまいがちですが、気を抜かないで以前と同じような気持ちで仕事をしていきましょう。

 

職場の同僚に次の職場の話や次のポジション・待遇などの話をすることは厳禁です。現在働いている職場に対しての悪口なども同様に厳禁です。

 

一緒に働いていた同僚の皆さんから、惜しまれて退職できるように、迷惑をかけないで円満退職するように最終日までしっかりと働くことで、転職活動をきれいに終わらせたいものですね。

 

結婚や妊娠を機に退職を希望したい、他の病院に転職したい、体力的に自信がなくなったので、看護師を退職したい、転勤等が理由で続けられなくなったなど、看護師という仕事を退かなければならなくなる事もあるでしょう。

 

看護師だけにとらわれず、どんな仕事に於いても、退職する時はマナーがあります。どのような退職をすればいいのか、退職の仕方を考えましょう。

 

まず、退職をしたい希望日よりも、少なくとも一ヶ月前には上司にその旨を伝えます。

 

ここで注意したいのは、はっきりと伝える事です。

 

今までお世話になった上司に言いにくい事かもしれませんが、もやもやとした意思表示では、まだ退職を迷っているのかと思われ、きちんと取り合ってくれない場合もあります。

 

正式に退職する事がきまったら、後任のスタッフに引き継ぎを行います。
自分がいなくなっても困らないように、全てを任せて大丈夫なようにきっちり伝えたい所ですが、後任の方も業務がありますので、その邪魔になっては困ります。

 

書面にまとめて伝えると、後任の方にも分かりやすいかもしれません。

 

退職日まで、業務を怠る事なく、また、迷惑がかからないよう、しっかりと勤めあげましょう。看護師専門の求人サイトでは、それらの円満退職に関するマナーやサポートも整っています。

 

転職の際はもちろん、退職の場合でも、単発や短期のアルバイト情報等も多数載っていますので、利用する価値がありそうです。

 

「立つ鳥跡を濁さず」大人として、マナーを守った退職をしましょう。