夜勤専従看護師

夜勤専従看護師のメリット

看護師には、給料の高くなる夜勤の時間帯に働き方もあります。

 

夜勤専従看護師です。

 

このお仕事は、深夜に働くため給料も高くなるので、お金を貯めたい方などには非常に良い働き方と言えるでしょう。

 

夜勤専従の最大のメリットは、やはり収入の高さです。

 

日勤に比べて時給で計算すると1.25〜1.5倍高くなっています。

 

病院により金額は異なりますが、夜勤専従で働く正看護師の場合は1日1万5千円〜4万円が相場となっております。

 

夜勤専従看護師といえば昔はパートタイムの派遣やアルバイトでしたが、現在は病院が夜勤専従できる正社員や契約社員を募集しているケースも多くなってきています。

 

特に救急患者を受け入れている病院などは深夜の時間帯も忙しく、毎回違う看護師よりも同じ看護師の方が仕事も早く効率的だからです。

 

また、日々の業務においても患者さんの病態を把握する必要があるため、病院としても長期間働ける常勤の看護師の方がメリットが大きいのです。

 

常勤であれば、派遣やアルバイトと違い賞与や各種手当なども支給されます。

 

夜勤専従と聞くと、やはり体力がないとなかなか続けられない。

 

また、家庭、子育ての両立が難しいといった理由でためらわれているかもしれません。

 

しかし、最近では24時間の保育施設を完備している病院もあるため、小さなお子さんがいても安心して夜勤専従看護師として働くことが出来る工夫もされております。

 

また、体力面においても、最初はきついかもしれません。

 

ただ、看護師の夜勤専従で長く働くと生活スタイルにも慣れますので、最初の数ヶ月を乗り切ることが出来れば長く続けられるでしょう。

 

ご自身が何を大切にしたいか?どんなキャリアを描くのか?といった優先順位を考えてみてはいかがでしょうか。

 

その上で、制度の整った病院等を探してみるのもいいかもしれません。

 

夜勤専従看護師のお仕事をお探しになるにあたって、求人サイトに登録されるのがオススメです。

 

最近では専門の求人サイトなどもなり、ご自身のニーズにあったお仕事を簡単に見つけられるでしょう。

 

また、病院見学などもできるところもあるので実際に見学してみるのもよいでしょう。

 

今後、さらなる高齢化社会をむかえるにあたり、看護師としての仕事の幅は広がっていくでしょう。

 

せっかく看護師の資格を持っているにもかかわらず、さまざまな事情により、現在働いていない、いわゆる潜在看護師が多数いらっしゃいます。

 

看護師資格を眠らせることなく活用していきましょう。